エサ・食べ物

ハムスターはスイカや種・皮は食べられる?注意点や適量・頻度など

甘くてみずみずしいスイカは、夏になると食べたくなると言う人も多いのではないでしょうか?

甘くておいしいスイカを食べていると、ついついハムスターにも与えたくなると思います。

しかし、スイカはハムスターに与えても大丈夫なのでしょうか?

今回は、夏においしいスイカについて、ハムスターに与えても良いのか、その場合、適量や頻度など気を付けなければならない点についてまとめています。

スイカは注意点を守れば与えても大丈夫!

甘くておいしいスイカは、ハムスターも食べられる果物です。

甘みがあるので、好んで食べるハムスターもおおいでしょう。

しかし、スイカを与える場合には注意しなければならないことがあります。

ハムスターと一緒にスイカを食べたいという場合には、ぜひ後述の注意点を守ってから与えるようにして下さいね。

ハムスターにスイカを与える場合の注意点

スイカは水分が多いため与え過ぎに注意が必要

スイカと言うと、かぶりつくと果汁がしたたるほど水分がたっぷりですよね。

実にスイカのおよそ90%は水分なので、果肉を食べるというよりも果汁を飲むと言ったほうが良いかも知れません。

水分の多い食べ物をハムスターに与える時に気になるのは、下痢や軟便にならないかと言うこと。

ハムスターは水分を過剰に摂取してしまうと、下痢になってしまう場合があります。

ハムスターの下痢は命に係わることも多く、安易に考えてはいけません。

そのため、ハムスターに水分の多い食べ物を与える場合には、与える量には注意が必要になりますよ。

嬉しそうに食べるからと言って、決して与えすぎてはいけません。

ハムスターのおしりが濡れて汚れているのは下痢!ウェットテイル危険ですハムスターのおしりが濡れていたり、汚れている場合はかなり危険な状態です。 それはウェットテイルと言い、ハムスターが結構な下痢をして...

スイカの種は取り除いてから与えること

ハムスターは種子類が好きなので、スイカの種も与えてみたくなりますよね。

与えると食べるかも知れませんが、そのまま与えるのは止めましょう。

というのも、スイカの種は固くて苦み渋みもあり消化に悪いのです。

消化不良は下痢も原因にもなります。

しっかりと取り除いてから与えてあげるようにしましょう。

生のままでは食べられないスイカの種子ですが、二日ほど乾燥させてからフライパンなどでカラ煎りしてあげると食べられるようになります。

市販のハムスターのおやつにもスイカの種は売られているため、自分で用意するのが面倒な場合はそちらを利用するのも良いですね。

スイカの皮は食べてもOKだが与え過ぎに注意

意外に思われるかも知れませんが、スイカの皮はハムスターに与えても大丈夫です。

ただし可食部同様に水分を多く含みますので、与え過ぎには注意が必要ですね。

また、赤い実の部分に比べると甘みもありませんし、個体によっては食べない場合もありますよ。

皮を与える場合には、農薬や泥が付いていることも考えて、良く洗ってから与えるようにしましょう。

洗った後は、余分な水分は拭き取ってあげると良いですね。

食べ切るのを見守り、食べた後の糞を観察する

スイカは少量を与えるようにしますが、食べきるのを見守るようにしてあげて下さい。

もし途中で食べるのをやめるようであれば、ケージ内で腐ってしまうことも考えて、残したものはすぐに処分してしまいましょうね。

また、スイカを与えたあとは糞の状態に変化がないか、念のために観察しておくと安心ですね。

ハムスターにスイカを与える場合の適量や頻度

スイカは水分も多く、甘いものは糖分も気になります。

そのため、ハムスターにスイカを与えるならば、適量を守って与えるようにしましょう。

1回で与える量は、大型ハムスター(ゴールデンなど)ならば1cm角程度、小型ハムスター(ジャンガリアンなど)ならば5mm角程度で充分です。

また、毎日与える必要はないので、3~4日に1回程度の頻度で与えるくらいにしましょう。

スイカの皮の与え方も、果肉の部分と同様に考えてOKです。

スイカの栄養

スイカは甘くておいしいだけでなく、魅力的な栄養も含んでいます。

代表的な栄養としては、βカロテン、リコピン、カリウム、シトルリンです。

βカロテンやリコピンには抗酸化作用があり、老化防止や免疫を高める作用があります。

シトルリンの効果としては、血管を若返らせたり利尿作用で腎臓病を予防したり、むくみを取る効果がありますよ。

シトルリンは、赤い果肉よりも皮の部分に多く含まれています。

甘くて栄養も摂取できるスイカは、夏に与えるたまのおやつやご馳走として楽しんで下さいね。

まとめ

甘くてみずみずしいスイカは、夏の風物詩ですね。

ハムスターにもスイカを好んで食べる個体は多く、飼い主と一緒に楽しむことができますよ。

しかしスイカは水分の多い果物です。

与え過ぎによる軟便や下痢には注意しましょう。

スイカには魅力的な栄養も含まれていて、たまのおやつとして与える分にはおすすめと言える果物です。

適量や適切な頻度を守って、ハムスターと一緒にスイカを楽しんでみてはいかがでしょうか。


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c4911104/public_html/hamu-hack.com/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c4911104/public_html/hamu-hack.com/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9