エサ・食べ物

ハムスターにピーナッツや落花生は与えても良い?注意点や適量・頻度など

おつまみとして人気のあるピーナッツは、大好きな人も多いでしょうね。

ハムスターを飼っていると、色々なものを食べさせてあげたくなりますが、ピーナッツや落花生はハムスターに与えても良いのでしょうか?

人間が食べるには問題がなくても、ハムスターに与えるには危険な食べ物はたくさんあります。

今回はピーナッツや落花生について、ハムスターに問題なく与えられるのか、与え方の注意点や適量、頻度についてまとめていますよ。

ピーナッツ(落花生)はハムスターに与えても大丈夫!でも注意が必要

ピーナッツは落花生の種子であり、殻から出された状態のものを指します。そのため、どちらも同じものとして話を進めます。

ピーナッツ(落花生)は結論から言うと、ハムスターが食べても大丈夫な食品です。

しかし、与え方や適量については気を付けなければならない点があります。

もしハムスターにピーナッツを与えたいと言う場合には、後述の注意点等を守ってから与えるようにしましょうね。

ピーナッツをハムスターに与える場合の注意点

ここでは実際に、ハムスターにピーナッツを与える場合の注意点についてみていきます。

与え過ぎに注意が必要

ピーナッツと言えば、高脂肪で高カロリーな食べ物です。

ピーナッツ100g中、47.5gが脂質なので、食べ過ぎると肥満の原因になり得ます。

これはひまわりの種子の脂質含有量ほど多くはありませんが、与え過ぎには注意が必要ということになりますね。

消化に悪いので下痢に注意が必要

ピーナッツは消化に悪い食べ物で、たくさん食べ過ぎると下痢を誘発する恐れがあります。

そのため、ハムスターに与える場合には適量を守って与える必要があります。

また、ピーナッツを与えた場合は、念のため糞の状態を観察しましょう。

ハムスターの下痢を安易に考えてはいけません。

最悪の場合、下痢から脱水症状を起こし死に至る可能性もあるのです。

ハムスターのおしりが濡れて汚れているのは下痢!ウェットテイル危険ですハムスターのおしりが濡れていたり、汚れている場合はかなり危険な状態です。 それはウェットテイルと言い、ハムスターが結構な下痢をして...

殻付きで与える場合にはカビに注意

ピーナッツは、殻付きのまま与える飼い主さんもいるようですが、あまりお勧めできません。

というのも、殻や渋皮(薄皮)にはカビが生えていることもあるからです。

できれば殻を剥いて、中身を確かめてから与えて下さい。

特に外国産のものは要注意で、カビの危険を避けるためにも国産の落花生を与えた方がより安全ですよ。

味付きのものは絶対に与えない

人間用に売られているピーナッツは、たいてい塩味などの味が付いている状態で販売されています。

こういった人間用に味付けがされているものは、ハムスターにとって有害になる場合があるので絶対に与えないようにしましょう。

そういった点で一番安心なのは、小動物用として売られているピーナッツかも知れませんね。

生の落花生は絶対に与えない

落花生は生で売られていることもありますね。基本的に豆類は、生では食べられません。

というのも、豆類には毒性があり、生で食べてしまうと人間でも消化不良を起こしてしまいます。

もし生の落花生が手に入ったとしても、絶対に生のまま与えてはいけません。

しっかりと茹でて、熱を通したものを与えるようにしましょうね。

その時にはもちろん、味付けは不要ですよ。

ハムスターにピーナッツを与える場合の適量や頻度など

与え過ぎに注意が必要なピーナッツですが、どれくらいの量をどのくらいの頻度で与えれば良いのでしょうか?

脂質やカロリーが気になるピーナッツは、1回で半粒程度与えれば十分です。

もちろん毎日与える必要はないので、2~3日に1回など、コミュニケーションを取りたいときに与える程度で良いでしょう。

ピーナッツとひまわりの種子、どちらを与える方が良いの?

ピーナッツはひまわりの種子同様、高脂肪で高カロリーな食べ物です。

どちらも嗜好性が高く、ハムスターは喜んで食べますが、与えるとしたらどちらの方が良いのでしょうか?

ピーナッツを食べることで摂取できる栄養

ピーナッツの主な栄養は、たんぱく質、脂質、カルシウム、リン、ビタミンA、ビタミンB1です。

ビタミンを採れてカロリーの高いピーナッツは嗜好性も高いため、食欲がないハムスターなどには栄養補給の面で最適です。

病後の回復時や、食欲が落ちているときに利用すると良いですね。

カロリーや脂質はひまわりの種子よりも低め

ひまわりの種子もピーナッツと同じようにカルシウムやビタミンA、B1などの栄養素を含んでいます。

しかしピーナッツは高脂肪、高カロリーと言えど、ひまわりの種子に比べるとやや低めです。

100gあたりのカロリーはひまわりの種子が611kcalなのに対して、ピーナッツは562kcalです。

また、脂質もひまわりの種子が56.3gであるのに対して、ピーナッツは47.5gです。

同じ分量を与えるのなら、ピーナッツの方がヘルシーと言えるかも知れませんね。

ハムスターにひまわりの種は何個であげすぎ?食べ過ぎは病気になる?ハムスターの好物と言えばひまわりの種!と思っている方も多いでしょう。 アニメなどの影響もあって、好物ならたくさんあげたらいいと思っ...

まとめ

ピーナッツ(落花生)はハムスターに与えても大丈夫な食材です。しかし、高カロリー高脂質な食べ物なので、与え過ぎには注意が必要ですね。

また、人間用に味付けがされているものも与えてはダメですよ。

ひまわりの種子に比べるとややヘルシーな印象のピーナッツですが、毎日与える必要はないので2~3日に1回程度、コミュニケーションを取りたいときに与えるおやつという風に考えておきましょう。


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c4911104/public_html/hamu-hack.com/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c4911104/public_html/hamu-hack.com/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9